津市在住の会社員男性が陽性反応 新型コロナ感染県内21例目

2674

 三重県は4月16日、津市に住む30代の男性会社員が新型コロナウイルスへの感染が判明したと発表した。4月9日に感染が確認された県内で14例目の50代男性と、同じ職場に勤務していて、県内では21例目となった。

 発表によると、男性は4月11日に38.2度の発熱、倦怠感、頭痛があり、同12日には38.6度の発熱と関節痛、同13日には38.4度の発熱があって医療機関を受診。14日には38.3度の発熱があり、翌15日に帰国者・接触者外来の別の医療機関を受診し検体を採取。PCR検査の結果、15日午後8時に陽性が判明し、県内の感染症指定医療機関へ入院した。16日朝の時点で軽症から中等症(発熱)とされている。
 
 男性は4月以降は、自宅待機。出勤には自家用車を使用しており、公共交通機関の利用はなかったという。医療機関の受診時は自家用車でマスクを着用していたという。

 県では、接触者、濃厚接触者について調査をし、PCR検査を実施するとともに、健康観察を行っていく。