菰野町に帰省中の男性が新型コロナ感染 県内40例目

1982

 三重県は4月21日、埼玉県在住の40代会社員男性が菰野町の実家に帰省中に新型コロナに感染していることが判明したと発表した。県内では40例目。

 発表によると、男性は3月31日まで会社に勤務し、4月1日からは埼玉県の自宅で在宅勤務。4月4日に実家のある菰野町に帰省していた。

 4月13日に38.5度の発熱、下痢、嘔吐(おうと)、全身倦怠感が出現。同18日には症状が継続したため、医療機関を受診。19日には症状が継続し、せき、胸の痛みが出現し別の医療機関を受診し検体を採取した。21日にPCR検査の結果、陽性が判明し、現在は県内の医療機関に入院調整中だという。症状は軽症から中等症。

 男性は、帰省中の移動には自家用車を使用し、発症日以降は実家で待機していたという。