事業者応援 県がサイト立ち上げ

251

 イベントの中止や不要不急な旅行・外出の自粛などが、全国的に農林水産品やその加工品の購買・消費に影響を及ぼしている。三重県と県農林水産支援センターでは、県内の生産者の商品情報や通販ページを集めたウェブサイト「買って応援!みえの地物一番まごころ市場」(https://ouen-mie.jp/)を立ち上げ、事業者への応援を呼び掛けている。【ウェブサイトのトップページ】

 同サイトには、7月27日時点で80事業所の商品情報を掲載。特に、従来の出荷時期に合わせて栽培・飼育する農林水産品の在庫過多は深刻で、県内では茶や鮮魚などで目立っているという。

 同センターの担当者は「県を代表する産品が行き場を失っている。これまで現地でしか購入できなかった物もあるので、ぜひ『買って応援・食べて応援』を」と話している。

 掲載できるのは県内に本社・拠点がある事業所で、可否は県と同センターが審査する。販売サイトを持っていない事業者向けには、サイト立ち上げと初年度システム利用料(約4万円)を同センターが全額支援する(先着100件・7月27日現在64件成約)。

 問い合わせは同センター総務・担い手支援課(0598・48・1226)、または電子メール(uketsuke@aff-shien-mie.or.jp)で。