鈴鹿、松阪など県内で計6人陽性 2人は感染経路不明

414

 三重県は8月27日、四日市、鈴鹿、松阪、玉城の4市町で10歳未満から60代までの男女計6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日の四日市市発表分(1人)を含め、県内の感染者数は延べ360人となった。

 県薬務感染症対策課によると、四日市市分以外で陽性が判明したのは、鈴鹿市2人(40代男性、60代男性)、松阪市2人(男児)、玉城町1人(40代女性)。このうち鈴鹿市の40代男性と玉城町の40代女性は、行動歴などからも感染経路がわかっていないといい、県では濃厚接触者に当たる同居家族(計3人)の調査を進めている。

 鈴鹿市の60代男性は、18日に大阪市内で陽性者と接触があり、濃厚接触者として検査を受けた。松阪市の男児2人は、23日に陽性が判明した済生会松阪総合病院の20代女性看護師の同居家族で、ともに症状は無く、濃厚接触者もいないという。