会社経営の50代男性が新型コロナ感染 四日市市

1470

 四日市市は8月31日、四日市市に住む会社経営の50代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。同市の感染者は延べ77人、三重県内は延べ369人となった。

 発表によると、男性は8月25日に倦怠感が出現。同26日には38度台の発熱があり、倦怠感が継続したため県内の医療機関を受診。27日には解熱したが、倦怠感が続き、翌28日には味覚障害が出現、再度医療機関を受診した。

 県内の別の医療機関で8月29日に検体を採取し、PCR検査の結果、陽性が判明した。現在、味覚障害と嗅覚障害があり、県内医療機関へ入院を調整している。

 男性は8月22日に市外の友人と、名古屋市内の飲食店で食事。同23日は出勤し、24日から29日は医療機関の受診以外は自宅で過ごしたという。日常的にマスクを着用し、外出時は自家用車を利用していた。

 市外に住む友人2人と、会社関係者とその家族5人が濃厚接触者に特定されていて、その他の接触者については、現在調査中だという。