全日本大学駅伝で交通規制 11月1日開催 四日市市では霞ヶ浦緑地前が中継所

5042

 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会が11月1日、愛知県名古屋市の熱田神宮西門から三重県伊勢市の伊勢神宮内宮前(8区間106.8キロ)までをコースに開かれる。大会の開催に伴い、三重県内でも規制が実施される。

 四日市市内では国道23号線、霞ヶ浦緑地前が第3中継所で先頭ランナー通過時間の予想は午前9時40分となっている。警察では、規制場所の近くに、立て看板や横断幕が設置され、警察官がいるので指示に従って通行するよう呼び掛けている。また、三重県警ホームページ(http://www.police.pref.mie.jp/)では、交通規制の情報を掲載している。