田中佑典選手ら国内トップ選手が演技 1月31日に体操ドリームチーム四日市エキシビション 

4296

 四日市市は昨年5月に開館した「四日市市総合体育館」(日永東1)で、体操競技の田中佑典選手や白井健三、寺本明日香ら日本のトップレベルの選手らを招へいし、地元選手らと共演して演技を披露する「体操ドリームチーム四日市エキシビション」を1月31日(日」午前10時から同体育館で開く。現在、観覧者を募集している。【会場となる四日市市総合体育館=四日市市日永東1で】

 招へい予定の選手は田中佑典、山室光史、加藤凌平、白井健三、寺本明日香、内山由綺、杉原愛子、宮川紗江、畠田瞳、棟朝銀河、岸大貴、森ひかる(敬称略)。観覧者の募集人数は千人程度で観覧は無料。四日市市在住、通勤、通学する人が対象で、応募多数の場合は抽選となる。

 応募方法は四日市市のホームページの応募フォームから申し込むか、ホームページからダウンロードできる応募用紙に必要事項を記入し、四日市市役所9階の国体推進課まで郵送、ファクスで申し込む。期限は1月13日(水)までで、郵送の場合は必着。応募多数の場合は抽選となる。

 問い合わせは市国体推進課TEL059‐354‐8462へ。

 また、新型コロナ感染防止策として当日は時間差の入場、入り口での検温、手指消毒、マスク着用などのほか、イベント前2週間において、発熱やせき、のどの痛みなど風の症状があった場合などは参加できない。詳細は市ホームぺージでも掲載している。