新型コロナワクチン 4月12日から高齢者施設入所者ら対象に接種開始 四日市市

1293

   四日市市は、新型コロナウイルスワクチンについて、三重県からの通知により、4月中に高齢者への接種に用いる分が、4月5日の週と4月26日の週に1箱ずつ、合計975人分が同市に分配されることになったと発表した。市では配分量が市内の対象となる高齢者数約8万人に対し少ないこと、効率的に接種を進め集団感染を防ぐという観点などから、高齢者施設の入所者らの接種を進めるという。

 発表によると、小山田温泉記念病院を含む医療・福祉施設の入院、入所者、施設従事者の中で、接種を希望する人に対し、4月12日から接種を開始するという。また、同市は、高齢者向けの接種券の発送時期を、3月中旬以降で想定していたが、4月以降になるとしている。