三重とこわか国体記念歩道橋が利用開始 歩行者の安全確保

239

 四日市市内で霞ヶ浦緑地のテニス場や野球場が会場になっている「三重とこわか国体・三重とこわか大会」に向け整備が進んでいた国道23号霞ヶ浦町南交差点に横断歩道橋が完成し、4月1日午前10時から利用できるようになった。【通行ができるようになった三重とこわか国体記念歩道橋=四日市市大字羽津で】

 昨年8月に工事に着手、橋脚(きょうきゃく)などの整備が進められ、同12月に組み立てられた橋桁がクレーンでかけられた。歩道橋は「三重とこわか国体記念歩道橋」と名付けられた。最寄りの近鉄霞ヶ浦駅から霞ヶ浦緑地への歩行者の移動が安全にできるようになることが期待されている。