相好体操クラブ所属の選手らが表敬訪問 大会への意気込み話す

1081

   6月3日から群馬県の高崎アリーナで開催される「第75回全日本体操種目別選手権」と、同4日に同会場での「第35回世界トランポリン競技選手権大会日本代表最終選考会」に出場する相好体操クラブ四日市教室(四日市市大井手)を拠点に練習する選手らが5月28日、四日市市役所を表敬訪問した。【大会へ向け意気込む選手ら=四日市市役所で】

 表敬訪問したのは、全日本体操種目別選手権に出場する五島誉博さん、平井美優さん、暁高校3年の高木藍さん、同高2年の星有夏さん、同高1年の岡村真さんと、世界トランポリン競技選手権大会に出場する太村成見さんの6人。四日市市の森智広市長と、四日市市議会の樋口龍馬副議長が対応し、選手らの普段の練習の様子や大会への意気込みを聞いた。

 森市長は「出場おめでとうございます。チームとして年々、出場選手が増えていることは素晴らしい」と讃えた。樋口副議長は「けががないように当日に向けて調整してください」などと話していた。選手らは「まずは決勝へ行く」「優勝することが目標」などと大会への意気込みを話していた。