「もっとつくって!」 こにゅうどうくんぬいぐるみを再販 四日市市のロゴス

1199

   四日市市の市制120周年で販売された同市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」のぬいぐるみが、四日市市中川原のデザインプロダクション「ロゴス」から再販されている。約3年前に大四日市まつりの会場などで限定販売されたもので、「もっとつくってほしい」などの要望があり、「その期待に応えたい」と再び製作、販売を始めた。【再販されているこにゅうどうくんのぬいぐるみ=四日市市中川原で】

 以前、限定千個で販売されたこにゅうどうくんのぬいぐるみは在庫がなく、「どうすれば手に入りますか」という問い合わせを受けたことも。「もっとつくってほしい」という要望もあり、「手に入らなかった人に喜んでもらえたら」などの思いから同社では再販を決めた。

 さらに新型コロナの影響で。イベントの中止、延期が多く、「こにゅうどうくん」の着ぐるみに会える機会も激減。「ぬいぐるみを部屋において楽しんでもらいたい」という思いもあるという。

 ぬいぐるみはこにゅうどうくんを座らせた形で高さは約20センチ。今回、製作されたのは千個で、そのうち400個を市へ納品、シティプロモーションなどに活用される予定だという。600個を同社と四日市観光協会(安島)で販売している。以前は1人1個などの限定だったが、今回は購入制限はないという。

 販売価格は1500円(税込み)。事前に電話やメールで連絡すれば、同社事務所で購入できる。問い合わせはロゴスTEL059・354・0846へ。メールの場合はinfo@logos‐mie.jpへ。