ベスト8かけ熱戦 全国高校野球選手権三重大会 海星と暁は惜敗

1942

 第103回全国高校野球選手権三重大会は7月21日、県内4球場で3回戦8試合が行われた。四日市、菰野地域からは海星、暁、菰野の3校がベスト8をかけて試合に臨んだ。【海星-宇治山田商、9回裏、2点を追う海星はパスボールの間に走者が本塁に突入し1点返す=四日市市営霞ヶ浦球場で】

 海星は四日市市営霞ヶ浦球場で、宇治山田商と対戦。1回に1点を海星が先制したが、2回に同点に追いつかれ、4回と8回に1点ずつ山商が追加した。山商の2点リードで迎えた9回裏、海星は1点を返したが、3対2で惜敗した。

 菰野は津球場でいなべ総合と対戦。5回に1死満塁から、3番喜多君の左中間へのツーベースで3点を先制。いなべ総合を主戦・池田が0点に抑え、3対0で菰野が勝利した。

 ダイムスタジアム伊勢で、暁は高田と対戦。延長10回までもつれた試合は10回裏に高田が1点を入れ、10対9でサヨナラ勝ちした。