三重県13人感染 重症者用病床使用率が53日ぶりに10%下回る

995

 三重県は9月28日、県内男女13人(四日市市発表分4人含む)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内の感染者は延べ1万4594人となった。病床使用率は20・7%、重症者用は9・1%で、重症者用病床使用率が10%を下回るのは8月6日以来53日ぶり。

 発表によると、感染者の居住地別内訳は、四日市市4人、津・鈴鹿市3人、桑名市2人、伊賀市1人。13人のうち5人は感染経路の特定に至っていない。

 陽性が判明した津市の未就学男児の接触者調査では、通園している保育園の園児と職員計17人が特定されている。