中入道の秋衣装お披露目  テーマはハロウィーン

316

 若い世代に商店街に足を運んでもらい、活気を取り戻したいと、県立四日市農芸高校の服飾経営コースの生徒が、グリーンモール商店街(四日市市諏訪栄町)にある中入道の秋の衣装を制作。ハロウィーンをテーマにしたドラキュラの衣装に「衣替え」した。【秋の衣装を着た中入道と生徒ら=四日市市諏訪栄町で】

 中入道は60年ほど前、結納店の看板として作られた。衣装が老朽化し、中入道を管理している同商店街の佃煮店「貝増」の服部盛太さん(73)が修復をしたいと、同市出身の三重県住みます芸人で、名古屋よしもと所属の漫才コンビ「オレンジ」の田中哲也さん(42)に相談し、同高の生徒が授業の一環として制作することになった。

  7月上旬に夏をイメージした法被の衣装を着せ、その様子を田中さんのユーチューブチャンネルで公開した。その後東海テレビの番組「タイチサン」のロケで、TOKIOの国分太一さんが商店街を訪れ、中入道の紹介をするなど反響があり、少しずつ中入道の存在が知られるようになった。

 今回制作したドラキュラの衣装は黒いマントとシルクハットと白いタイで、制作した生徒は「マントの襟やシルクハットを立体的に縫製するのが難しかったけど、可愛くできた」とにっこり。四日市を拠点に活動する兄妹音楽ユニット「ふまここ.」のFUMAさん(40)も、同高ダンス部の生徒と自身のミュージックビデオで共演したつながりで、衣装替えを手伝い田中さんや生徒たちと交流を楽しんでいた。

 服部さんは「夏の衣装を着せた後から毎日のように、通りかかる人が写真を撮るようになり、注目されているのが分かった」と話していた。同高3年の清水美奈さんは「たくさんの人が中入道を見に商店街に来てもらい、インスタなどのSNSを使い、他の地域の人にも広めてほしい」と願いを語った。