翼のオブジェSNSスポットも イルミネーションはじまる 心の癒しやにぎわいの創出に

1105

 近鉄四日市駅周辺や諏訪公園などで恒例となっているイルミネーションが11月5日から始まった。今年は、まちなかイルミネーション実行委員会が同協議会と共催で近鉄四日市駅東口広場にSNSスポット「翼のオブジェ」を設置。四日市あすなろう鉄道でもイルミネーション列車が始まり、人々を楽しませている。【イルミネーションが輝くすわ交流館】

【近鉄四日市駅東口にある翼のオブジェ】

 諏訪栄地区街づくり協議会は近鉄四日市東口広場のイチョウ植栽3本、タクシー乗り場、中央通りの一部にイルミネーションを「YOKKAICHO飾りつけ。諏訪公園には5万球の光が、すわ交流館や公園内に飾り付けられている。点灯時間は11月5日から2022年2月14日(月)までの17時から24時まで。

 四日市あすなろう鉄道では、181号車と183号車の計2車両の車内が、ゴールドやブルーのイルミネーションで飾りつけされる「イルミネーション列車」が22年2月14日まで運行される。17時以降の営業列車で、運行ダイヤは毎週月曜日に同鉄道のフェイスブックページ「あすなろう鉄道日和」に掲載する予定だという。