災害時に電気自動車両等で支援 四日市市が三菱自動車工業と三重三菱自動車販売と協定

1038

   四日市市は災害が発生した場合、三菱自動車工業株式会社と三重三菱自動車販売株式会社が保有するプラグインハイブリッド車や電気自動車を避難所などへ配備する協定を2社と締結した。【締結式後に市役所横で行われた給電のデモンストレーション=四日市市諏訪町で】

 協定の締結式が12月16日、四日市市役所であり、2社と市の間で協定書への署名がされ、四日市市は森智広市長が出席。災害時の支援協定で、電気自動車両の配備は市では初めてだという。災害で停電などが発生した場合に、車両が有する給電機能を活用すれば、照明機器や通信機器などが使用可能となる。

 森市長は「災害が発生した場合に、市民が困難を乗り越えるためにこのような協定を締結したことは非常に重要です」などと話していた。締結式後は、市役所庁舎横で実際に車両からの給電をするでデモンストレーションがあり、電子レンジやパソコンなどの使用が可能となる様子が披露された。