プラトンホテルを災害時の福祉避難所に 運営会社と四日市市が協定

741

  四日市市は12月24日、市内で災害が発生した場合やその恐れがあるときに、配慮の必要な人が安心して避難生活を送ることが出来る福祉避難所とするため、プラトンホテル四日市(西新地)と災害時に関する協定を締結した。【協定書を手にする佐野社長(右)と森市長=四日市市役所で】

 同ホテルを運営する株式会社プラトンホテルの佐野貴信社長が市役所を訪れ、同市の森智広市長と、それぞれ協定書に署名した。森市長は「これから南海トラフを始め、さまざまな災害が危惧されている。避難所の整備が急がれる中で、配慮の必要な人が安心して避難できるよう、ホテルの部屋を活用できることは心強く、ありがたい」と感謝を述べた。

 津波避難ビルとしても登録されている同ホテル。佐野社長は「当施設を認定頂いたことはうれしい。地域の企業として、地域の方々の命を守る場所でありたい」と話していた。