火気厳禁!この時期特に注意 アルコール消毒

476

     新型コロナウイルスの感染防止策として、手放すことの出来ない手指消毒用のアルコールは、家庭や店などで利用する機会も多いが、消毒用に推奨されている濃度60パーセント以上のものは、消防法で定められた危険物だ。冬場はストーブやヒーターを使うことも多く、四日市市消防本部は火気厳禁のアルコール消毒の置き場所など、注意を呼び掛けている。【啓発用のチラシを手にする署員=四日市市消防本部で】

 同消防本部によると、アルコールは火気に近づけると引火しやすく、発生する可燃性蒸気は空気より重く低いところにたまりやすい。消毒用アルコ―ルを使用する付近では、ストーブの使用や喫煙、コンロでの調理は控えるべきで、直射日光が当たる場所での保管や、テーブルの端など落下の可能性が高い場所に置くことも避けなければならない。

 また、容器の詰め替え時は換気を十分にする。可燃性の蒸気が発生する恐れがあるため、通風性が良く、換気が出来る場所を選ぶことが重要だ。

 同消防本部では独自にチラシを作成するなど、アルコール消毒の扱いについて注意を呼び掛けている。担当者は「置き場所など身近なところにも十分に注意してほしい」と話していた。