伝統行事が一堂に 3年ぶりの「四日市祭」開催

9057

 諏訪神社(四日市市諏訪栄町)や周辺で「四日市祭り」が10月1、2日の2日間、3年ぶりに開催される。1日目には商店街の公園通りなどを会場に、祭で披露される伝統行事の道具や装束が間近でみることができる「宵まつり」が開かれた。【動作に注目が集まっていた宵まつりの「ミニ入道」の実演=四日市市諏訪栄町で】

 「宵まつり」の会場では、伝統行事の紹介ブースが並び、からくり人形を動かしたり、衣装を着て記念撮影、演奏や実演などがあり、親子連れらでにぎわっていた。各ブースを回ってスタンプを回るとネリの木札がもらえる企画もあり、道具や装束を興味深く見ている光景も見られた。

 同2日は諏訪神社練りこみなどがある。同祭の実行委員会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、マスク着用の推奨や手指消毒、飲食はして場所ですることなどを呼び掛けている。