自分の言葉で 思い伝える歌を 中3「SHU」君 YTMF2022グランプリ受賞

182
Yokkaichi Teen's Music Fesで演奏するSHU君=提供写真

 今年9月に四日市市安島の市文化会館で開かれた「Yokkaichi Teen’s Music Fes2022」で、大池中3年のSHU(本名・二宮柊羽)君が8組の本選出場者の中から、グランプリに選ばれた。

 動画審査を通過した10代のミュージシャンが、コンテスト形式で日頃の成果を競う2017年に始まった同フェス。SHU君は小学5年だった18年度の初参加以来、毎年本選出場を果たしており、ついに念願の栄冠に輝いた。受賞の瞬間は、「飛び上がりたいくらいの気持ち」。「最高のパフォーマンスができた。仮に前回や前々回で受賞していたとしたら、今回ほどの喜びじゃなかったと思う」と語る。

 弾き語りにあこがれ、小学2年の夏にギターを習い始めた。初心者セットを買ってもらい、ギターに触れるだけでうれしかった。最初はただ弾くだけだったが、次第に曲に合った弾き方・歌い方を模索するように。毎日少なくとも30分、最長で4時間練習に費やしたことも。尊敬するアーティスト「Tani Yuuki」さんなどの楽曲カバーで挑んだ本選ステージ。「ハーモニカやルーパー(録音・再生機能で音を重ねる機材)を使った年もあったけど、今年は原点に返ってギター1本で、歌い上げた」。

 自分の言葉で思いを歌で伝えるギタリスト、シンガーソングライターになるのが夢。「聴く人に共感してもらい、つい口ずさみたくなるような曲を作りたい」。今後、路上ライブにも挑戦していくという。

※2022年11月5日(213号)発行 紙面から