コラム「糖尿病と歯周病のカンケイ」【PR】

68

 糖尿病と歯周病、どちらも生活習慣病のひとつですが、実は深く関連します。歯周病菌から出る毒素は血液を介して全身に広がり、血糖値に影響します。血糖値が高いと口の中が乾き、歯周病も進行しやすくなります。

 糖尿病関連手帳に歯科診察の記入欄があります。血糖値が悪いと歯の治療を行えない場合もあります。気になる症状には早めの受診を。お口の健康で全身を守りましょう。

※2022年11月5日発行 紙面から


かわむら歯科医院
https://www.kawamura-dc.net/