四日市でも積雪の予報 24日夜から25日 外出時や水道管の凍結注意呼び掛け

13365

 1月24日遅くから25日にかけ、四日市市でも積雪が予想されていることから、同市は市ホームぺージなどで、不要不急の外出を控えることや水道管の凍結などについて、注意を呼び掛けている。【24日夕方に降り始めた雪が積もる屋外照明=四日市市新正】

 市では、四日市市安全安心防災メールで積雪への注意を配信。三重県北中部に大雪警報が発表される可能性もあることから、「今後の気象情報に注意し、不要不急の外出を控え、外出する場合は時間に余裕を持った行動を心掛けること」を呼び掛けた。

 また、四日市市上下水道局は水道管や蛇口が凍結し、水が出なくなる場合があることをホームページで掲載。凍結により水道管が破損することもあるため、あらかじめタオルを巻きつけておくなど、凍結防止対策を呼び掛けている。凍結した水道管に直接熱湯をかけてしまうと、急激な温度変化により破損する恐れがあるという。

 水道管が凍結してしまった時は、タオルや布を巻き、上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かすこと。直接熱湯をかけると水道管が破裂する恐れがあるという。万が一、破裂してしまった時は、止水栓を閉め、破裂箇所に布やテープを巻き付けて応急処置をし、四日市市上下水道局指定業者へ修理を依頼することを水道局ではすすめている。

 緊急情報として四日市市上下水道局ホームぺージ(https://www.city.yokkaichi.mie.jp/new_water/emergency/emergency-146/)に対処方法などを掲載している。