警察もチョコ配る、バレンタインに合わせ四日市南署が特殊詐欺被害防止などを呼びかけ

846

 三重県の四日市南警察署が2月14日、バレンタインデーに合わせ、特殊詐欺被害、交通事故、自転車盗難、それぞれの防止を呼びかけた。市内のスーパーで買い物客にチラシなどと共にチョコレートを入れた啓発用の袋を配ったが、チョコが入っていると分かると、受け取ってくれる確率は急上昇。チョコの魅力は警察にも強い味方になった。【チョコレートの入った呼びかけを配る四日市南署員ら=四日市市泊小柳町】

 南署独自で続けてきたアイデア広報といい、新型コロナの影響もあって、チョコのプレゼントは3年ぶりだという。四日市市泊小柳町のイオンタウン四日市泊店で南署、四日市市、防犯協会の約10 人が配った。

 袋の中には、「チョコっと待って!!」と特殊詐欺の被害防止を呼びかけるチラシ、「ちゃんと止まって よく確認 こうつうルールを守ろう」(先頭の文字だけを読むと「ち・よ・こ」)と交通事故防止を呼びかけるチラシ、「盗られる前に!ツーロック」と自転車盗難防止を呼びかけるチラシやティッシュペーパーなどが入っており、全部で約600袋を用意したという。袋の中のチョコは市販品だが、親子で買い物に来た子供たちは大喜びだった。

 偶数月は年金が振り込まれるとあって、15日は「特殊詐欺撲滅の日」。取り締まりに力を入れている。交通事故も自転車盗も増えているといい、どれも、気をつけてほしいという。署員らは、高齢者に啓発袋を渡すときに、ひとこと注意の言葉をかけるなどしていた。