三重県四日市市 「年収1000万円」で話題にも ふるさと納税・シティプロモーション戦略プロデューサー 1名が合格

10126

 三重県四日市市は、ふるさと納税による寄付金収入の拡大のため、昨年12月23日から今年1月29日の期間にふるさと納税・シティプロモーション戦略プロデューサーの公募を実施、試験の結果、1名が合格したと発表した。

 民間企業などで法人営業や商品企画などの業務を20年以上経験したことがおもな応募資格として提示されていて、年収1000万円程度(諸手当含む)の給与で待遇すると発表。全国でも話題になっていた。 

 試験には147名の応募があったそうで、2月19日に一次試験の書類選考に合格した12人によるプレゼンテーション面接(二次試験)を実施した。任期付き職員で、採用は4月1日、任用期間は2024年3月31日まで。5年までの範囲で任期を更新する。

 辞令交付式が4月3日(月)に実施される予定で、辞令交付をもって正式に任用となるという。