好天の連休後半入り、バラの開花も進む、四日市市南部丘陵公園

2223

 三重県四日市市の南部丘陵公園のバラ園で、開花が進んでいる。全体ではまだ2~3割といった印象だが、入り口のアーチなど一部では咲きそろっているところもある。連休後半が始まった5月3日、バラの愛好家らが訪れ、咲き進む花を楽しんでいた。【開花が進んできた南部丘陵公園のバラ園=四日市市西日野町】

 バラ園のホームページなどによると、2000平方メートルに約100種類500株以上が植えられており、これらはボランティアの人たちが世話をしているという。花の名前を書いたプレートの文字が消えているものが少し目立ち、名前がわからないものもあるが、ダブルディライト、芳純、楽園、スパニッシュビューティー、ノックアウトなどが花を咲かせていた。また、「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクに捧げられた「アンネのバラ」もオレンジ色の花を咲かせていた。(咲きそろう花もある園内、アンネのバラ)

 バラ園は公園の北ゾーンにあり、南部丘陵公園前の交差点から笹川通りへ向かう途中、「バラ園」などの看板を目印に向かうのが便利。道幅がやや狭く、車の場合は安全運転で。