夢に挑戦できる場所 「Park Cafeテラス」オープン 四日市市中央緑地公園内

5328

 よっかいちBASE株式会社(髙橋知美代表)は、子育てママのイベントやコミュニティを、地域や企業と共に作り上げていくことを目指し、四日市市中央緑地公園(日永東)に「Park caféテラス」をオープンした。髙橋社長は「誰でも夢に挑戦できる環境を整え、ママが一人の『私』として輝く未来を目指したい」と語る。

 出産でキャリアを中断したり、育休中に資格を取得したものの、自分のスキルを使えていない人も少なくない。ハンドメイド雑貨やスイーツを販売したいけど、出店の仕方が分からない人も。そんな人が集うコミュニティを作りサポートすることを目的に、髙橋さんは今年、同社を設立した。

 活動の拠点となるカフェを4月にオープン。おむつ換えシートや親子トイレもあり、公園に遊びに来た親子が気軽に立ち寄れる。カフェのメインメニューはスープカレーだが、店内の個室で会員がワークショップや各種教室を開き、店頭でスイーツや雑貨の販売もできる。木曜日の定休日には子育てママ向けのイベント「いろ色カフェ」を開催する。

 4月、カメラマンの小林千奈さん(37)が個室で赤ちゃんの撮影会を開いた。小林さんは第2子出産直後に新型コロナによるパンデミックで、外出できず塞ぎ込んだ。「自分の子を可愛く撮りたい」と、月齢を記した赤ちゃんの写真「月齢フォト」を撮影し、SNSに投稿すると、フォロワーから好評で自信がつき、昨年カメラマンとし起業。小林さんに撮影を頼んだ野嵜あずみさん(34)も出汁ソムリエの資格を持ち、離乳食教室を開くのが夢だ。

 子育て中の人を対象とした企業や経営者など150を超える組織や事業者とのつながりがあるのも同社の強み。現在は、カフェの設備投資のために、同社ではクラウドファンディングで資金を募っている。下記の2次元バーコードから支援できる。