三重県内男女共同参画連携映画祭2023  四日市で「メイド・イン・バングラデシュ」上映会 6月25日に市文化会館

581

 四日市市男女共同参画センター「はもりあ四日市」は、三重県内男女共同参画連携映画祭2023の一環で映画「メイド・イン・バングラデシュ」の上映会を6月25日、四日市市安島の市文化会館第2ホールで開く。上映時間は午前10時30分から12時10分(開場午前10時)、入場無料。現在、先着順で整理券の配布をしている。

 三重県内男女共同参画連携映画祭は、三重県民に、映画を通して性別に関わらず「男女共同参画」を身近に感じてもらおうと始まり、県内の20市町が連携し、18会場で上映会。四日市市では、「メイド・イン・バングラデシュ」が上映される。

 同作品は、世界の繊維産業を支えるバングラデシュを舞台に、権利のために闘う女性たちの物語。月収はTシャツ2枚分、ファストファッションの裏側で、過酷な労働環境で働く女性たちの姿を見ることができる。フランス、バングラデシュ、デンマーク、ポルトガル合作。

 整理券は「はもりあ四日市」(本町)、あさけプラザ(下之宮町)、四日市市役所5階市民生活課で配布している。問い合わせは四日市市男女共同参画センター「はもりあ四日市」TEL059-354-8331へ。