まちの魅力をみんなで探そう 10月21日に謎解きウォークラリー開催 四日市青年会議所

1131

【謎解きウォークラリーのポスターを手に、多くの参加を待つ「まちの未来創造委員会」の委員たち=四日市青年会議所事務所】

 四日市のまちを歩いてクイズに挑戦する「まちの魅力はここにあり!謎解きウォークラリー in よっかいち」が10月21日に開催される。ヒントを教えてくれる人を探したり、解けたと思った瞬間、さらなる難問への入り口だったりと、挑戦しがいのある謎が待っている。親子で、友人同士で、秋の1日を楽しめること間違いなしの催しだ。参加無料。

 四日市青年会議所の「まちの未来創造委員会」が企画した。1年任期の委員6人が、四日市の街の魅力を未来に伝える大方針を立て、市民からの意見も聞き、多くの人が参加できる企画を考えてきた。江上委員長は「私たち委員にとっても集大成の企画です」。四日市市と市教育委員会が後援する。

 当日は午前9時40分から四日市市役所東側の広場で受け付け開始。10時にスタートし、終了は午後2時15分の予定。謎は5問と多くはないが、それぞれが一筋縄ではいかない内容で、街どこかにいるヒントをくれる人を探すなどの街歩きが必要になっている。謎は、委員と地域の謎解き研究家の学生さんがタッグを組んでつくったという。
 

 全員に参加賞が用意されている。委員たちは9月中旬から小学校や地区市民センターなどにチラシを配るなど走り回ってきた。チラシを見たら、そこには2次元コードもあり、事前申し込みもできるようになっている。