2種類の季節限定商品のお酒を発表、四日市の老舗酒造会社「宮崎本店」

857

【季節限定商品の2種のお酒、「宮の雪 純米にごり酒」と「宮の雪 純米しぼりたて原酒」】

 三重県四日市市楠町南五味塚の老舗酒造会社、株式会社宮崎本店(宮崎由太代表取締役社長)は1019日、日本酒の季節入りにあたるこの時期に販売する季節限定商品の清酒「宮の雪 純米にごり酒」と清酒「宮の雪 純米しぼりたて原酒」を発表した。三重県内の量販店やデパートなどで1025日に発売、例年、年内には売り切れているという。

 どちらのお酒も純米酒で、原材料は国産の米、米こうじ。精米歩合は麹米60%、掛米65%。「純米にごり酒」はやや甘口で、白身魚やクリームシチューなどとの相性がよく、「純米しぼりたて原酒」はやや辛口で、おでんや鍋料理などとの相性がよいという。どちらも富山の米「五百万石」を使い、「純米にごり酒」が緑色の瓶、「純米しぼりたて原酒」が茶色の瓶に入っている。

 「純米にごり酒」の販売予定数量は720mlを3200本、300mlを2100本、「純米しぼりたて原酒」は720mlを3000本、300mlを1900本。どちらも720ml瓶が税込みで1496円、300ml瓶が同638円。