最後は一斉放水 あさけプラザで火災想定した訓練 秋の火災予防運動

250

【建物への一斉放水の様子=四日市市下之宮町】

 四日市市北消防署は11月9日、同市下之宮町の「あさけプラザ」で、建物火災を想定した実践的な訓練を実施した。同署や大矢知分団の消防車両も訓練に参加、同館の1階事務所から出火した想定で訓練は始まった。

 秋の火災予防運動に関連し、市民に火災予防意識の高揚を図ることが目的。訓練では、自衛消防隊の初期消火が迅速に行われた消が火できず、煙がたちこめ、逃げ遅れた人がいることを想定して進められた。

 施設内の逃げ遅れた人の捜索活動も同時に進行。全員が避難したことを確認し、最後は建物への一斉放水が行われ、訓練は終了した。 訓練には約20人が参加し、いざというときの動きなどを確認していた。