四大大会で優勝を目指す 三重グリーンテニスクラブ 片岡龍亮君

618

【練習に励む片岡君=四日市市西坂部町】

 「目指すはグランドスラムです」。三重グリーンテニスクラブ(四日市市西坂部町)に所属する片岡龍亮君(四日市南中学校2年)は、全国大会に出場し、昨年11月には初めての国際大会でプレーした。ウインブルドン選手権などテニスの四大大会で優勝することを目指し、練習に励んでいる。

 父・亮さんがテニスコーチで、物心がついた時には、ラケットを握っていた。幼稚園のころ、自宅近くのテニススクールに通い始めたが、「もっと強くなりたい」と、年長の時、ジュニアの全国大会出場選手を多く輩出している同テニスクラブに入った。

 小学5年生の時、東海大会で優勝し自信がつき、プロになると決意。毎日クラブで練習するようになった。6年生の時全国選抜ジュニアでベスト8に。昨年は全日本ジュニアで、シングルスでベスト16、ダブルスでベスト8に。11月に「岐阜国際ジュニア」に出場、2回戦まで進んだ。

 相手のボールが地面に着地する前にノーバウンドで返球するボレーなどネットプレーが得意。積極的に前に出て攻撃するが、全国大会で経験を重ね、フィジカルの強化が課題だと気付いた。毎日のテニス練習に加え、フットワーク強化のため、今年から陸上のクラブチームにも通い始めた。接骨院で体幹を鍛えるトレーニングも通う。それでも負けて悔しい思いもするが、内に秘めた負けず嫌いで、勝つための努力は惜しまない。

 次の全国大会は「MUFG全国ジュニアテニストーナメント」、県予選で優勝を目指す。「プロになる」その思いにぶれはない。 

「目指すはグランドスラム」と話してくれた片岡君