これまでの苦労や今後の夢など語る、四日市市役所で産業功労者、優秀技能者らの表彰式

3700

【表彰者のみなさん。前列左から畑中崇史さん、萩村重美さん、村居彩香さん、森本五月さん、後列左から和田清士さん、福士英実さん、九鬼晃文さん=四日市市役所】

 2023年度の四日市市産業功労者、優秀技能者、雇用優良事業所、「男女がいききと働き続けられる企業」に選ばれた個人や事業所の表彰式が1月31日、四日市市役所で開かれた。森智広市長からの賞の授与のあと、懇談があり、これまでの苦労や今後の夢などが語られた。(表彰者の略歴などは2023年12月22日の記事で紹介しています。https://www.you-yokkaichi.com/2023/12/22/29814

 表彰式には、産業功労者の茶業萩村重美さん(82)、優秀技能者の調理人畑中崇史さん(51)、理容師村居彩香さん(35)、美容師森本五月さん(55)、障害者の雇用優良事業所の株式会社スズキ自販三重から和田清士さん、高年齢者の雇用優良事業所の「株式会社くき」から九鬼晃文さん、「男女がいきいきと働き続けられる企業」の社会福祉法人日の本福祉会から福士英実さんが出席。森市長から賞状や盾などが贈られた。

懇談する表彰者のみなさん。左側に森智広市長

 懇談では、萩村さんが、茶の栽培の忙しい時期、外国人やアルバイトもお願いする人手確保の苦労を、九鬼さんも警備業なりの雇用の苦労を語った。村居さんは、表彰者の中ではただひとり30代で、若くして表彰されたことに対する責任の重さにも触れた。森本さんは秋にパリのコンクールに出場することを報告した。和田さんは、来店者に焼き菓子を配るなど、サービス面で活躍できるアイデアを考えていることを紹介。福士さんは、技術面の専門家を雇用し、施設運営の強化を考えていることなどを話した。

森市長を囲んでの記念写真