地域猫活動アドバイザー招き講演会 2月17日に市文化会館で 四日市わんにゃん会議が主催

931

【講演のちらしを手にする四日市わんにゃん会議の駒田哲也代表=四日市市中川原】

 動物関係のボランティア活動をする団体や個人による「四日市わんにゃん会議」は2月17日、四日市市文化会館第3ホールで地域猫活動アドバイザー・石森信雄さんを講師に招き、講演会「ノラ猫トラブル減らしませんか」を午後1時半から開く。入場無料。

 「庭に糞をされた」「ゴミを荒らされた」などの「ノラ猫」をめぐるトラブル。石森さんは、東京都練馬区の地域猫推進ボランティア制度の立ち上げを行った。元保健所職員で、現在は担当者ではないが、ライフワークとして、公園や研修をし、普及啓発をしている。

 講演後には質問の時間もあるという。主催の「四日市わんにゃん会議」では「野良猫でお困りの方、気になっている方、自治会の方、どなたでもお気軽にお越しください」と来場を呼び掛けている。

 定員は120人。事前の申し込みは不要。午後4時の終了を予定している。