地元食材ふんだんに「ダイニング大河」が完成、ナガシマリゾートのホテル花水木

1722

【目の前で調理してもらえるライブキッチンやビュッフェカウンター(奥)などを備えた「ダイニング大河」=桑名市長島町浦安】

 ナガシマリゾート(三重県桑名市)のホテル花水木本館に、個室や伊勢湾の風景を楽しめる窓側席を備えた食事処「ダイニング大河」が完成し、2月9日、旅行社などへの完成披露会があった。夜は個室で本懐石をフルサービスで、朝はライブキッチンなどを備えた和風ビュッフェを楽しめる。オープンは2月10日。

 運営する長島観光開発によると、これまで400畳の広さを誇る宴会場として使ってきた施設内を、個人客の増加など滞在スタイルの変化に合わせ、昨年6月から改修してきたという。

 ホテル花水木が1988年に開館して以来、約10億円を投入した過去最大規模の改修だといい、完成披露会では、毛利文生総支配人が「日本旅館の文化を守りながら充実したサービスを提供させていただきます」とあいさつした。

席数も大小備えた個室

 広さ1450平方メートルで、個室33部屋162席、窓側席17卓78席。鉄板カウンター8席の計248席を設けた。朝食ビュッフェでは目の前で地元の魚を焼いてもらったり、玉子焼きやオムレツを調理してもらえるライブキッチン、ビュッフェカウンター、ドリンクカウンターなどを備えている。

地元の魚や玉子焼きを目の前で
こちらはオムレツ

 料理は季節で内容が異なるが、三重県産、桑名産の地元の食材を多く採り入れているという。この日紹介されたのは春のメニューだったが、夕食では「桑名産はまぐり鍋」「伊勢海老、鮪、伊勢真鯛のお造り」「松阪牛陶板焼」など。朝食にも桑名産の玉子焼き、県産ポークのベーコングリル、桑名のタケノコ、長島の菜花、木曽三川のしじみなどが使われているという。

夕食のメニュー。一品ずつフルサービスで席に運ばれる
朝食ビュッフェにも松阪牛や桑名の竹の子など地元の食材が豊富に使われる

 「ダイニング大河」の利用は、当面はホテル花水木の宿泊者のみが対象で、従来からの「お部屋出し」も可能だという。