パリ五輪につながる道 全日本体操個人総合選手権に出場 相好体操クラブ所属の選手が表敬訪問

1030

【全日本体操個人選手権に出場する相好体操クラブに所属する選手ら=四日市市諏訪町】

 相好体操クラブに所属し、4月11日から14日に群馬県で開催される「第78回全日本体操個人選手権」に出場する選手が3月15日、四日市市役所を訪問し、森智広市長と四日市市議会の樋口龍馬議長に、大会への抱負などを話した。

 市役所を訪問したのは、四日市市大井手の相好体操クラブ四日市教室で主に練習に励む、同クラブ社会人競技部の泉谷敬志さん、暁高2年の鈴木望未さん、同高1年の片岡麻美さん、三滝中2年の棟田琳音さんの4人。同大会はパリ五輪の選考会となる全日本選手権へつながる。

 森市長は「相好体操クラブは全国でも存在感がある。良い結果で流れを作ってほしい」と期待を込めた。樋口議長も「しっかりと実力を発揮してほしい」と選手に声を掛けていた。

 大会へ向け泉谷さんは「まずは予選を通過し、最終選考に進みたい」と話す。全日本体操個人選手権には4回目の出場となる。鈴木さんは昨年も出場、「今年は決勝に残りたい」と意気込む。

 片岡さんは「初めての大舞台ですが、予選を通過して次の大会に進みたい」と話し、棟田さんも「初出場の大会ですが、周囲の雰囲気に飲まれず頑張ります」と抱負を話していた。