屋上に開閉式テント設置 「雨の日も安心」 プラトンホテル四日市でビアガーデン始まる

2160

【開催初日、乾杯を楽しむ人たち=四日市市西新地】

 プラトンホテル四日市(四日市市西新地)で毎年開かれている屋上ビアガーデンが5月21日から始まった。今年からは全天候型の開閉式テントが屋上に設置され、雨の場合でも食事や乾杯など楽しいひとときを過ごせるようになった。さらに期間は10月26日までと、昨年より1か月ほど長い開催となっている。

 以前は、雨天時はホテル内のホールを使用。「せっかく屋上だったのに雨で残念」という人もいた。また、食事中に雨が降り、室内へ移動する場合もあったそうだ。

 建築基準などの関係で、屋根の設置などを見合わせていたが、今年は基準に合う方法が見つかり屋上へ開閉式のテントを設置、日差しや雨を避けながらビアガーデンを楽しめるようになった。

 メニューの内容も一新。以前から好評のビュッフェスタイルに加え、それぞれの卓でバーベキューが出来るようになった。秋に肌寒さなどが増せば「あったかメニュー」も登場する。また、ドリンクは飲み放題で、ウェブから予約すると前菜プレートがつく特典があるなど、楽しみがさらに増える。

 営業時間は午後5時半から同10時内の2時間制。料金は大人6千円、中高生4千円、小学生3千円で未就学児は無料。定休日は日、月曜。また、7、8月は日曜日の昼間も午前11時半から午後3時までオープンする予定だ。

【テントが開いているとき】
【テントが閉じているとき】

 同ホテルの飲料課で企画広報担当の鈴木哲也係長は「それぞれの席でのバーベキューができるようになり、屋上ビアガーデンでちょっとしたアウトドア気分も楽しめます。空の見える開放的な雰囲気で、友人、ご家族など皆様でお楽しみいただければ」と笑顔で話していた。

 ウェブでの予約はプラトンホテル四日市のホームページ(https://www.platon-hotel.co.jp/)内に予約フォームがある。問い合わせはTEL059-352-0314(ビアガーデン直通)へ。