「30万円のギフトカード購入?詐欺かも!」 被害防止のヤマダデンキ店員に感謝状 四日市南警察署

1170

【感謝状を手にする鈴木さん(中央)と平山店長=四日市市新正】

 四日市南警察署は、特殊詐欺の被害防止に協力したとして、ヤマダデンキテックランド四日市店(四日市市十七軒町)と同店店員の鈴木志穂さん(31)に感謝状を贈呈した。平山健店長(43)と鈴木さんは5月23日、同署を訪れ、中西通署長から感謝状を受け取った。

 今年4月20日、閉店間際に同店を訪れた60歳代の男性が「甥っ子にプレゼントしたい」と30万円分のギフトカードの購入を希望したという。レジを担当していた鈴木さんが男性から話を聞き、「購入金額が大きい、もしかしたら」と上司に相談。上司が警察に通報し、駆け付けた署員が「これは詐欺です」などと男性を説得したという。

 鈴木さんと会話をしている間も男性の胸ポケットに入った携帯電話は、ずっと鳴っていたことも詐欺を疑うことになったという。使用目的も曖昧に感じたため「詐欺かもとピンときた」と鈴木さん。平山店長は「店内にPOPを掲示するなどし啓発できれば」、鈴木さんは「今回のことは対策に生かしていきたい」と話していた。

 中西署長は「警察だけで被害を防ぐには限界がある。機転をきかせ被害を防いでいただきありがとうございます」と2人に声を掛けていた。同署管内では今年1月から4月にかけ、暫定値として7件約3125万円の被害があったという。