〈PR〉~お口の健康コラム~ 子どもの歯並びが「すきっ歯」で気になります

21

 乳幼児期は歯と歯の間に隙間があっても問題ありません。顎が発達している証拠です。
 永久歯に生え変わるとき、顎が小さすぎると歯並びに影響があるので、隙間がある方が良いんです。
 顎の成長のためには、よく噛むことが大事。必要な栄養を効率よく吸収する役割もあるので、親子でゆっくりよく噛んで食べる習慣作りをしましょう。

※2024年6月1日発行 紙面から


かわむら歯科医院
https://www.kawamura-dc.net/