ものづくりデビューを応援 ポリテクセンター三重

313

求職中の方 今こそ手に職 

 全くの初心者でも基礎から学び、ものづくりの世界へ――。ポリテクセンター三重(四日市市西日野町)では、未経験の0(ゼロ)からでも電気の専門的知識や技術をしっかりと習得できる求職者に向けた訓練を受講料無料で受けることができる。

 12月から開講する電気施工技術科では、一般住宅などの電気工事、電気設備CAD、ビル・工場などの電気設備や消防設備の点検を学べる。国家資格の第二種電気工事士、第4類消防設備士相当の実力が身に着くコースだ。同科の訓練生(7月入所)、遠藤雅也さん(28)と久保淳司さん(34)に同センターで学ぶ魅力を聞いた。

  「電気関係の知識はなかった。でも本当に基礎から学ぶことが出来て心強い」と話す遠藤さん。以前は、ゲームセンターでの接客業などに従事していた。失業保険を受けるためにハローワークに足を運んだ際、ポリテクセンター三重のことを聞き、以前から興味のあった電気関連の仕事に就きたいと受講を決めた。

 「一つひとつ、工具の名前、使い方、本当に初心者にとっては心強い丁寧な指導を受けることが出来ます」、第二種電気工事士の資格取得を目指し、次のステップへ近づく日々を実感している。

基礎を改めて学ぶ

 「今まで、少し不安だった知識、技術がしっかり学べます」と話すのは久保さん。電気関連の仕事をしていたものの、「知識、技術をしっかりと学びたい」という気持ちがあった。知人から同センターについて聞き、通うことを決めたそうだ。

 通い始めて施設の充実さには驚いたそうで「今まで少し不安だった部分がどんどん整理されて自信がついてきました」。すでに就職先は決まっていて、「自信を持って、身に着けたことをいかせそうで楽しみ」と目を輝かせた。

訓練生の前職は様々   ビジネススキルも

 二人が学ぶ電気施工技術科には企業実習があるのも特長だ。施設内で訓練をした後、約1か月間、実際の電気工事などの現場を経験する。実習で課題があった場合は、フォローアップ訓練として、就職に向けて不足している要素や課題について指導が受けられる。訓練生の年代や前職などは様々。同じ志を持つ人が集まっていることで、意欲もよりわいてくるという。

 また、電気関係の専門的訓練が始まる前には15日間の「ビジネススキル講習」もあり、ビジネスマナーやコミュニケーション力を向上させるグループワークで企業人として求められる基本スキルも学べる。就職支援のアドバイザーがいて親身な就職支援も。「新しい自分になりたい」そんな人にこそ、ポリテクセンター三重はおすすめだ。