夏休み期間は平日も開放 四日市市の中央通りスケートパーク 7月21日から8月31日まで

2888

 四日市市は7月20日、現在は土、日、祝日の午前10時から午後6時に開放している中央通りスケートパークについて、7月21日(金)から8月31日(木)の期間は、午前10時から午後10時まで毎日開放すると発表した。同時に、街中における賑わい状況や周辺環境への影響を把握するための検証を行うという。【昨年の「はじまりのいち」での仮設スケートボードパークの様子(四日市市提供)】

 昨年9月22日から10月16日まで、中央通りなどで開催されたにぎわい創出社会実験で設置された仮設のスケートボードパークは愛好者が増え、開催日時の拡大を求める声が高まっているという。ただ、閉鎖している時間帯に、迷惑な滑走などの問題もある。

 同市では、夏休み期間中に、スケートボード愛好家もパックの運営に携わってもらい、にぎわい状況の把握として、赤外線センサを用いた入場者数の計上をする。また、周辺環境への影響を把握するため、騒音計を用いた滑走音の測定と、通報件数に基づくパーク周辺での迷惑滑走を計上するそうだ。