セミナーやイベントなど企画 四日市マリッジサポート事業が9月からスタート 明日8月9日から受付

978

 四日市市は、結婚を希望する独身の人を対象としたセミナーや出会いの場を市として実施する「四日市マリッジサポート事業」を9月から開始する。市としては初めての取り組みで、四日市で見つける新しい出会い、結婚を応援していくという。【マリッジサポート事業について記者会見で話す森市長=四日市市役所】

 「出会い・結婚応援! 四日市で幸せになろう予算」をキャッチコピーに今年度の当初予算にもある同事業。同市が広告代理業などを手掛けるデルタスタジオ(四日市市安島)に委託し、事業を展開していく。「マリッジサポートセミナー」が9月10日(日)から2部制で開催されるのが、最初の企画。1部では「結婚や仕事、子育ての希望を叶えるライフプランセミナー」、2部の「第一印象・コミュニケーション力を高めるセミナー」で、コミュニケーションの不安や結婚後の働き方などについて解説。市内在住、在勤の独身男女が対象で、参加費は無料。形式は「ZOOM」を利用したオンラインと会場参加(四日市市文化会館)がある。
 
 参加費1000円の出会いイベントは第1回を9月23日に開催。1回目は「婚活初心者大歓迎!じっくり1対1トーク婚活」を年齢を区切って3部制で開く。会場は四日市市伊倉の「ラ セーヌ マリアージュ四日市」で、市内在住、在勤の20から39歳の独身男女が対象。プロフィールシートを交換し、1対1の会話を気軽に楽しめる企画となっている。定員は男女各10人。応募多数の場合は抽選があり、参加者には、事前のガイダンスを9月18日午後7時から開く。

 セミナー、イベントともに申し込みは8月9日(水)から受付から始まる。申し込みは8月9日午前10時から公開される専用ホームページ(https://yokkaichi-marriagesupport.jp)の応募フォームへ。

 四日市市の森智広市長は「市としては初めての取り組み。出会い、結婚を応援して、四日市で幸せになってほしい」と話していた。

表示できる投稿はありません