食を通して考える子どもたちの未来 講演会と料理教室 

497

 農薬・化学肥料を栽培期間、一切使用しない野菜を販売している「あーやんのやさい屋さん」の代表の安藤彩さん(35)は、食を通して子どもたちの未来を考える講演会と料理教室を、9月7日(木)から、5回の講座を開く。5回通しでも、各回1回のみの参加もできる。【来場を呼び掛ける安藤さん=四日市市新正】

 3年ほど前、2歳の長女の子育て中だった安藤さんは、無農薬で育てたニンジンを食べ、えぐみも青臭さもない甘い味に感動を覚えた。体や環境に負担をかけない野菜を、大勢の大人にも食べてもらいたいと、起業した。

 長女の保育園を選ぶ際、自然と親しみ、野菜を育て、保護者が給食をつくる菰野町の「森の風こども園」に決めた。同園では収穫した野菜を友達と協力しながら調理することもあり、自然の恵みや給食を作ってくれる保護者への感謝の気持ちを大切にしている。こうした取り組みは子どもたちの生きる力を育むことにつながると感じ、一般の人にも知ってもらいたいと、5つの講座を企画した。

 1回目は9月7日(木)午後6時から四日市市北山町の「はなこめ食堂」で同園の嘉成頼子園長が同園での取り組みについて語る。参加費は1300円(ワンドリンク付き)で、講演を聞きながら食事もできる。

 2回目以降は、保育園の管理栄養士が指導する子どもの料理教室や大人対象の薬膳料理教、不登校の現状に関する講演、鶏をさばいて実食し「命をいただく学び」もある。安藤さんは「生きる土台をしっかりと固め、自分の道を信じて歩んでいく一助になれば」と来場を呼び掛けている。各回の詳細や申し込みは下記の2次元バーコードで確認できる。問い合わせは安藤さんTEL080・4308・5570まで。