3年ぶりに「朝上地区ふれあい文化おこし」開催 約30店舗出店の三重ふれあいマルシェも協力 三重県菰野町

4402

【10月に開催されたピアゴ菰野店での三重ふれあいマルシェ(同実行委員会提供)】

 三重県菰野町の朝上地区で、地域を盛り上げる催し「朝上地区ふれあい文化おこし」が11月12日(日)午前10時から午後3時まで、同町田光の朝上地区コミュニティセンターで開催される。つながりとふれあいの場づくりが目的で、3年ぶりの開催となる。

 今回は、2021年10月に活動を開始した菰野町をはじめ、北勢地域を盛り上げたいと、地元を中心にマルシェを企画する三重ふれあいマルシェ実行委員会も協力。10月にはピアゴ菰野店でマルシェを開催し、多くの人が訪れた。

今年7月には、同町榊の西榊公園でマルシェを企画、初開催の場所でありながら、大好評だった。「来場者も出店者も楽しんでほしいんです」という主催の同実行員会のメンバーの思いもあり、会場では毎回、幅広い年代層の人が訪れる。

 今回も飲食店やキッチンカー、物販など約30店舗が出店予定だという。アクセサリーやメダカの販売、ワークショップなどもあるそうで「地域の方の作品、芸能を楽しみ、マルシェも楽しんでいただける、朝上地区でいっぱい楽しみにお越しください」と同実行員会のメンバーは話していた。

 マルシェに関する問い合わせは同実行員会事務局TEL090・9121・4305へ。