企画展「うるおうアジア―近代アジアの芸術、その多様性―」 7月8日から開催 四日市市文化会館で

456

 四日市市文化まちづくり財団は、夏季企画展「うるおうアジア―近代アジアの芸術、その多様性―」を7月8日(土)から9月3日(日)まで、四日市市文化会館展示棟の第2展示室で開く。7月7日、一般公開に先立ち、内覧会が開かれた。【会場内には色彩豊かなものなど様々な芸術作品が展示されている=四日市市安島】

 福岡アジア美術館が所蔵するアジアの23の国と地域の作品の中から、中国やインドなど15の国と地域の近代作品を約70点を展示。会場には、絵画や彫刻などの美術作品や、商業ポスターや輸出用絵画などの作品群を3部構成で紹介し、多様性や共通性に興味を持つことができる内容となっている。会場内は撮影可能で、期間中は関連イベントも予定されている。

 開館時間は午前10時から午後5時、最終入場は午後4時半。休館日は第2を除く月曜(祝日の場合は翌日)、と7月25日。入館料は一般550円、大・高校生は330円、中学生以下無料。問い合わせは同館TEL059・354・4501へ。