- Advertisement -

秋の全国交通安全運動始まる 四日市北・南・西の警察署と関係機関 団結して出発式

 「交通事故のない安全・安心な四日市!」をスローガンに、秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)に関連し、四日市南警察署(藤井淳夫署長)は9月21日、四日市北・西警察署と関係機関と団結して、出発式を...

議会報告会の開催方法などで意見交わす、四日市市議会の議会改革検討会議

 三重県の四日市市議会が、よりよい議会活動について自ら考える議会改革検討会議を設け、議論している。7月4日は2回目の会議があり、市民向けに開いている議会報告会のあり方や開催方法などを検討した。現在、調...

海岸保全施設の整備や新しいひき船建造などに事業費、四日市港管理組合が当初予算案を発表

 四日市港管理組合は3月21日、2024年度当初予算案を発表した。一般会計は64憶238万5000円(前年比8.2%減)。国の経済対策分の配分が昨年11月にあったため、実質的には96億2038万50...

新しいスポーツの場づくりにアイデア出し合う、四日市で第1回ワークショップ

 三重県四日市市とスポーツ庁が連携して新しいスポーツの場をつくるモデル実証事業で、12月15日、スポーツに取り組む人らに集まってもらい、事業の中身を考える第1回ワークショップが開かれた。幅広い年齢層...

新図書館の議論の進め方で意見交わす、四日市市議会

 三重県の四日市市議会は10月5日、本会議再開の前に各派代表者会議を開き、新図書館ついて、今後、議会としてどのように議論を進めるかについて意見を出し合った。議員間の共通認識は、「費用対効果が分からな...

中小企業での取り組み方のヒントや国の助成制度も紹介、四日市でカーボンニュートラルへ向けた研究会

 「四日市CNXプロジェクト研究会」が1月31日、三重県四日市市のユマニテクプラザで開かれた。温室効果ガスをゼロにするカーボンニュートラルに向け、中小企業での取り組み方のヒントや国の助成制度などが紹...

萬古焼の原料ペタライトの研究に補助費、四日市市が計71億9000万円余の一般会計補正予算案など51議...

 三重県四日市市は11月22日、今月29 日に初日を迎える11月定例月議会に提出する一般会計補正予算案など51議案、報告2件について説明した。ふるさと納税の増収に伴う経費の増額、萬古焼の土鍋などの原...

補正予算案など可決、四日市市議会、風致地区の太陽光パネル設置について申し入れも

 三重県の四日市市議会は12月25日、11月定例月議会の本会議を再開し、ふるさと納税の増収に伴う経費の増額、萬古焼の原料で入手難になっているペタライトの配合研究などへの支援、ハーフマラソン開催断念に...

脱炭素めざす38事業など骨子案で提示、四日市港港湾脱炭素化推進協議会が設立

 四日市港を脱炭素化が実現された「カーボンニュートラルポート(CNP)」にするための「四日市港港湾脱炭素化推進協議会」が11月14日に設立された。そのまま第1回協議会が開催され、協議会の目的や今後の...

スポーツ施設、保育士確保など幅広い審議続く、四日市市議会の委員会

 三重県の四日市市議会は9月1日、午前、午後とも各常任委員会ならびに予算・決算分科会での審議が行われた。スポーツ施設の考え方、保育士確保の方策など、委員から幅広い分野について様々な意見が出た。【四日市...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
3,021フォロワーフォロー

今週のトップ3