- Advertisement -

2022年度一般会計決算案など17議案を認定、可決、人権施策等調査特別委員会も設置、四日市市議会

 三重県の四日市市議会は9月22日、本会議を再開し、2022年度一般会計決算案など17議案を原案通り認定、可決した。この議論の中から市議会が次期予算編成に向けて2件の提言をまとめ、本会議に先立ち、森智...

四日市市議会、本会議で議案17件を委員会付託し、本格的な審議が始まる

 三重県四日市市議会は8月31日、前日に上程された物価高騰対策費用や市独自の奨学金の募集人員の枠拡大の費用などを含む約2億5327万円の今年度一般会計補正予算案など議案17件を委員会付託した。本会議散...

災害時の情報提供などで協力へ、名古屋大学減災連携研究センターと四日市市が協定結ぶ

 災害に関する情報面などで交流を進め、災害発生時には情報提供や被害調査で協力することを目的に、12月27日、四日市市と国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学減災連携研究センターが協定を結んだ。まずは...

学校の医療的ケアに役立てて、四日市ライオンズクラブが聴診器などを寄贈

 学校での医療的ケアに役立ててほしいと、四日市ライオンズクラブが3月26日、聴診器15個とパルスオキシメーター(酸素飽和度測定器)3個を四日市市に寄贈した。子どもたちを担当する医療的ケアサポーター(...

14議案を可決し閉会、四日市市議会、次回は8月29日から、議会改革検討会議などの取り組みも開始

 三重県の四日市市議会は6月30日、本会議を再開し、各常任委員会からの報告のあと、国の物価高騰対策にかかわる関連事業費を盛り込んだ一般会計補正予算案など14議案について採決し、1件を電子投票による賛成...

いざ!の場合に楽しく備えを、四日市理容師会が防災教材を四日市市に寄贈

 子どもたちに楽しく防災知識を身に着けてもらおうと、一般社団法人四日市理容師会が3月25日、防災教材9種類約50点を四日市市に寄贈した。5月に開所する市の防災教育センターに置かれ、見学する子どもらが...

家事支援サービス利用料の一部を補助、双子や三つ子など多胎児家庭の負担減へ四日市市

 双子や三つ子など、産前産後の育児や家事の負担が大きい多胎児家庭を支援するため、三重県四日市市はヘルパーなどの家事支援サービスを利用する場合の利用料の一部補助を今年度から始める。妊娠届出の日から多胎...

人権条例の今後のありかた、さらに議論へ、四日市市議会の人権施策等調査特別委員会

 三重県四日市市議会の人権施策等調査特別委員会は1月18日開き、他都市の人権に関する条例制定の状況について市側から説明を受け、これまでの委員会でのおもな意見を整理した。そのうえで、四日市市の人権に関...

デジタル技術や専門家の協力で「いじめ対策」強化、四日市市とスタンドバイが連携協定

 三重県四日市市は3月25日、アプリなどデジタル技術を使って「いじめ」に取り組んでいるスタンドバイ株式会社(本社・東京都中央区)と連携協定を結んだ。匿名性を満たした操作で子どもたちの相談を受けるほか...

手間をかけた修理、地域の経済や暮らしを展示で紹介、旧四郷村役場で報道向け内覧会

 100年余を経て耐震補強・復原修理をした三重県四日市市の市指定有形文化財「旧四郷村役場(四郷郷土資料館)」で3月11日、報道向けの内覧会があった。竣工から1世紀を経過した床板を1枚ずつ外して番号を...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
3,021フォロワーフォロー

今週のトップ3