三重県内の外国人在住者が過去最高に 四日市市は県内最多

    三重県は2019年末現在、県内の外国人住民数が前年より4,596人多い55,208人で過去最高となったと発表した。最も多い国籍・地域はブラジルで13,300人、次いでベトナム8,310人、中...

深夜に国道23号線一部通行止めで歩道橋設置 国体に向け12月8日午前1時から

 2021年に三重県内を主な会場に開催される「三重とこわか国体・三重とこわか大会」に向け、四日市市でも競技会場となる霞ヶ浦緑地のテニス場や野球場などの整備を進めている。現在、最寄り駅である近鉄霞ヶ浦駅...

四日市市職員試験を9月から6月変更 「優秀な人材を確保」

   四日市市は来年の職員採用試験について、これまで9月に実施していた事務職、技術職、保育教育職の試験を6月に実施すると発表した。三重県内では津市が実施時期を変更して応募者数が増加したこともあり、四日...

就職氷河期世代を対象に職員募集 四日市市

 四日市市は、雇用環境が厳しく希望する職に就職することが出来なかった「就職氷河期世代」を対象とした職員募集をすると発表した。一次試験は11月8日に実施予定で、募集職種は事務職で若干名の募集となっている...

新型コロナのワクチン接種に向け体制整備 四日市市

 四日市市はこのほど、新型コロナウイルス感染症感染防止向け、市民へのワクチン接種を推進するため、同市健康危機管理対策本部内に「ワクチン接種推進部会」を設置したと発表した。  設置は12月22日で、同...

四日市市消防本部に5トン級重機と重機搬送車 三重県内で初配備 

 四日市市消防本部にこのほど、緊急消防援助隊車両として5トン級の重機と重機搬送車が三重県内で初めて配備された。4月17日には中消防署中央分署(曽井町)で、関係者や報道向けに訓練が公開された。【配備され...

「未来に羽ばたく1・2・3 四日市!」 市制施行123周年記念事業の キャッチコピー・シンボルマーク...

 四日市市は2020年8月1日に市制施行123周年を迎えることから、今後さらに発展していく四日市をイメージしたキャッチコピーとシンボルマークを決定し、発表した。キャッチコピーは「未来に羽ばたく1・2...

がん検診受診券を誤って発行 対象者は3231人 四日市市

   四日市市は5月14日、今年度のがん検診受診券について、自己負担金額の表示に記載の誤りがあることが判明したと発表した。対象者は受診券発送者のうち3231人で、市では受診開始日の5月20日までに、正...

手続きで運転免許証の有効期限延長も 新型コロナウイルス感染症影響

 新型コロナウイルス感染症の影響で、運転免許証の通常の更新手続をとることが困難である人に向け、警察の窓口に申し出ることで、講習や適性検査を受けるなどの更新手続きをせずに、有効期間の末日から3か月先まで...

計画通りシールドトンネル工事が到達 浜田通り貯留管築造工事

報道関係者対象に現場見学会  四日市市は1月19日、集中豪雨などで多くの床上床下浸水被害が発生している鵜の森公園や浜田小学校、西浦通り周辺の地域を対象に進めている浸水対策事業である「浜田通り貯留管築...

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
2,390フォロワーフォロー

今週のトップ3