- Advertisement -

三重県内の外国人在住者が過去最高に 四日市市は県内最多

    三重県は2019年末現在、県内の外国人住民数が前年より4,596人多い55,208人で過去最高となったと発表した。最も多い国籍・地域はブラジルで13,300人、次いでベトナム8,310人、中...

四日市市も帯状疱疹ワクチン公費助成へ、中央道路の車線統合など請負契約案も、29日初日の市議会に提案

 三重県四日市市は8月22日、同29日に初日を迎える市議会に提案する議案などについて説明した。物価高騰対策事業費や帯状疱疹ワクチンの公費助成を始めるためのシステム改修委託費などを含む一般会計補正予算案...

「中央緑地ここよか」がオープン 公募設置管理制度を利用

  四日市市日永東の中央緑地に新しい公園施設「中央緑地ここよか」が4月20日にオープンした。今秋開催予定の「三重とこわか国体・三重とこわか大会」の会場となることから、魅力向上を図るため公募設置管理制度...

四日市市職員試験を9月から6月変更 「優秀な人材を確保」

   四日市市は来年の職員採用試験について、これまで9月に実施していた事務職、技術職、保育教育職の試験を6月に実施すると発表した。三重県内では津市が実施時期を変更して応募者数が増加したこともあり、四日...

オミクロン株対応ワクチン 接種券送付のスケジュールなど発表 四日市市

 四日市市は9月21日、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンについて、接種スケジュールなどを発表した。接種に関して、個別接種と集団接種を受け付ける予定となっている。【オミクロン株対応ワクチンの...

所得制限が無しなどに変更 四日市市の子ども医療費助成の対象拡大

 四日市市は、子どもの病気の早期発見と療養、保護者の経済的な負担を軽減しようと、今年9月の診療分から、助成の対象を拡充する。  従来の制度では所得制限があったが、変更後は無しに。窓口負担無料化の年齢...

立候補届出事前審査は一人のみ 四日市市長選挙

 四日市市選挙管理委員会は、11月29日に実施される四日市市長選挙の立候補届出事前審査の11月5日現在の状況について発表した。発表によると、事前審査を受けたのはこれまでに立候補予定者説明会の出席者1人...

運転免許自主返納支援に交通系ICカード交付、5000円分、年齢制限なし、四日市市が6月から申請受付へ...

 運転免許証を自主的に返納した人を支援するため、四日市市は交通系ICカードを交付する事業を始める。65歳以上の運転者の自主返納に対して始めた市町があるなか、四日市市は今回、三重県では初めて、年齢制限...

四日市市消防本部に5トン級重機と重機搬送車 三重県内で初配備 

 四日市市消防本部にこのほど、緊急消防援助隊車両として5トン級の重機と重機搬送車が三重県内で初めて配備された。4月17日には中消防署中央分署(曽井町)で、関係者や報道向けに訓練が公開された。【配備され...

大四日市まつりと四日市花火大会が中止 新型コロナ感染拡大防止

 四日市市は4月21日、大四日市まつり(8月22、23日)と四日市花火大会(9月13日)の2行事について、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みて、中止を決定したと発表した。次年度の開催日は未定で、状...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
3,021フォロワーフォロー

今週のトップ3