- Advertisement -

「五輪の夢は諦めない」 パールズジュニアチーム 水谷咲良さん

 小学4年からラグビーを始め、中学2年でラグビーの本場・ニュージーランドに留学していた四日市メリノール学院高2年の水谷咲良さん(16)(桑名市在住)。新型コロナウイルスの影響で、志半ばで帰国することに...

ぜんそくの症状克服へ チャレンジ・デイキャンプ 7月から

 ぜんそくの可能性がある子や治療中の子が、その症状を乗り越えるためのこつを親子で楽しく学ぼうと、四日市市では7月から12月までの計4回、「チャレンジ・デイキャンプ」を開く。市内在住の保育園・幼稚園の年...

夜間開館でコンサート ホタル観賞も

   ゲンジボタルが生息している四日市市楠町本郷を会場に、5月25日(土)午後2時から同9時まで「夏の夜間特別開館2019&ホタルの郷コンサート」が開かれ、日没後にはホタルの鑑賞会もある。参加無料、申...

「違い」認め合う地域に 国籍や世代を超えた交流続ける

西笹川中3年 小久保未羽さん  外国にルーツを持つ人が多く暮らす四日市市笹川地区へ5年前に転居してきた、西笹川中3年の小久保未羽さん(15)は、学校の多文化共生サークルのサークル長として、地域のイベ...

【ピンクリボン月間】 「がん検診の重要性知って」

市立四日市病院形成外科医 梶原愛莉砂さん  8月末に開かれた、社会に貢献する魅力ある女性の活躍機会創出を目的としたコンテスト「ビューティージャパン」全国大会で、市立四日市病院(四日市市芝田)に勤務す...

【YOKKAICHI ミライビト】お墓のイメージ変えたい

閔丙千(ミン・ビョンチョン)さん(38)  「人生の中で、お墓に関わる仕事をするとは思っていなかった」。2年前、生まれ育った韓国から妻の実家がある四日市市に移住し、墓地販売と管理に携わっている。 ...

コラム「自宅でのセルフケア」【PR】

 歯ブラシでの歯磨きだけで届かないところはデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシがお勧めです。「種類が多くて選び方がわからない」「うまく使えなかった」ということはありませんか。自己流で使うと効果がなか...

「コラム」ふるさとの名前 第13回【神前・川島】

 神前地区は明治22年、西野村(現在の菅原町)・寺方村・高角村・曽井村・尾平村の5村が合併して三重郡神前村となりました。神前の語源は、式内社神前神社に由来します。  町名の由来は、尾平の尾は山裾...

「自由にしている姿」感じて 友人3人の展覧会

 写真家の生川あかねさん( 38 )と広告 デザイナーの辻恵美さん( 37 )、認定心 理士の堀もとこさん( 39 )の四日市市在 住の友人 3 人による展覧会「あかねとえみときどきもとこ。」が、 8...

タガメのつがい飼育「自然界の掟実感」 富洲原中・水谷君

 一番好きだというトンボを始め、さまざまな昆虫を観察している四日市市天カ須賀の富洲原中1年、水谷洋稀君(12)は、「水生昆虫の王者」とも呼ばれ、レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に分類されているタガメのつがい...
- Advertisement -

SNS

1,867ファンいいね
1,334フォロワーフォロー
3,021フォロワーフォロー

今週のトップ3